名駅センター | 名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター - Part 10
名駅センター TEL:052-446-7333 FAX:052-446-7555 Mail
金山センター TEL:052-684-8131 FAX:052-684-8132 Mail

メールでのお問合せ・ご相談については返答が後日となる場合もございますので、ご了承くださいませ。

【3月2日】就労体験受入れのお願いに伺いました

みなさん、こんにちは。

名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

 

3月2日(水)

当センターで実施しております、生活・社会参加・就労の自立をサポートする

就労準備支援事業を利用して就労を目指す方の就労体験の受入れのお願いに、

愛知県海部郡の株式会社if me 様を訪問しました。

掲載許可を頂きましたので、ご紹介させていただきます。

 

株式会社if me 様では障害者就労支援B型事業所のchordと、

店舗・工房のchordを運営されており、企業さんや作家さんがデザインされた

作品を商品にする業務を請け負い、店舗での展示、販売も

行っていらっしゃいます。

IMG_4754

 

IMG_4757

写真ではネコのモチーフですが、水族館で販売されているものは

魚のモチーフを使い、商品として販売されているそうです。

 

お伺いした際には、「くるみぼたん」のアクセサリーに使う生地を

カットされている方、刺繍モチーフの作製を行っている方が

いらっしゃいました。

IMG_4755

これらをアクセサリーにして自社で販売をされたり、

利用者の方のブランド名で販売したり、作家さんとのコラボ作品として

販売されるそうです。

 

 

IMG_4756

他の障害者支援事業でカットした木材に、

事業を利用されている方が様々な画材で色を塗り、

デコパージュした作品だそうです。

オシャレなオブジェとして仕上がっていました。

 

株式会社 if me 様のHPはこちら

 

当センターでは、このように就労を目指す利用者様の職場見学や職場体験を

受け入れてくださる企業様の募集をしております。

ご協力いただける企業様がいらっしゃいましたらご一報頂けますと幸いです。

【2月25日】中川区常千音寺学区の相談窓口を訪問しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

2月25日、

地域支えあい事業を実施している

中川区千音寺学区の相談窓口を訪問しました。

千音寺学区は名古屋高速千音寺インターの南側に位置し、

西側はあま市(旧七宝町)とも接する小学校区です。

中川区社会福祉協議会と

中川区西部いきいき支援センター分室の職員とともに訪問し、

ご近所ボランティアコーディネーターのお三方にセンターの説明をし、

ニーズの共有、今後の連携などについて懇談させていただきました。

いきいき支援センターの職員がいたこともあって、

ご高齢の方の生活や住まいの問題などを中心に意見交換を行いました。

じっくりお話しさせていただき1時間半。

「顔の見える」付き合いになると、気軽に相談し合える関係になりますよね。

 

 

千音寺

相談窓口は週2回、富田北地域センター2階で開設されています。

 

中川区千音寺学区(人物)

写真左上から千音寺民生委員児童委員協議会会長で、

ご近所ボランティアコーディネーターの西川さん、

その右が伊藤さん、平瀬さん、

いきいき支援センター分室の鵜木さんと石黒さん

(写っていなくてすいません)。

写真には写っていませんが

中川区社会福祉協議会職員の伊藤主事も同席しています。

 

地域支えあい事業についてはこちらをご覧ください

【2月24日】中川区常盤学区の相談窓口を訪問しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

2月24日、

地域支えあい事業を実施している中川区常磐学区の

相談窓口を訪問しました。

相談窓口を開設しているコミュニティセンターはあおなみ線小本駅の目の前。

名古屋駅からわずか4分という好立地と活動の活発さから、

他都市の視察もよく受け入れられるそうです。

常磐学区民生委員児童委員協議会の会長さん、

ご近所ボランティアコーディネーターのお二人に

センターの説明をし、ニーズの共有、

今後の連携などについて懇談させていただき、

終盤には区政協力委員長さんにもお越しいただけました。

やはり地域の中には気になる方もたくさんみえるようで、

センターではどのような支援がされるのか、

生活保護との関連はどうなっているのかなど多くのご質問もいただき、

活発な意見交換ができました。

生活費に困っていることや家計のこと、家族のことなどは、

実は近隣の人には相談しづらいこととお話しさせていただいたところ、

みなさん「うんうん」。

気になる方がみえたら、

それとなくセンターを紹介していただくようお願いしました。

中川区常盤学区相談窓口

相談窓口は週2回、学区のコミュニティセンターで開設されています。

 

)中川区常盤学区(人物

奥左から常磐民生委員児童委員協議会会長の山田さん、

近所ボランティアコーディネーターの早瀬さんと荒川さん

右端は中川区社会福祉協議会職員の若森主事です。

 

地域支えあい事業についてはこちらをご覧ください

 

【2月8日】中川区昭和橋学区の相談窓口を訪問ました

みなさん、こんにちは。

名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

 

2月8日、

地域支えあい事業を実施している中川区昭和橋学区の相談窓口を訪問し、

ご近所ボランティアコーディネータのお二人とセンターの説明や

ニーズの共有など懇談を行いました。

学区の相談窓口には、ご高齢の方を中心に家の中の片づけや買い物の付添い、

話し相手などの依頼が舞い込み、地域のボランティアさん方が

その対応にあたっています。

しかし、お金や家庭の内情のことなども絡む「生活に困っている」と

いうことは、実は、ご近所の方には相談しづらいことかもしれません。

気になる方がみえたら「最近大丈夫?」などと声をかけていただき、

ぜひセンターを紹介していただくようお願いしました。

また、センターで支援している方の中には、地域での交流があればと思う方も

いらっしゃいます。

そういった方を地域の中で見守っていただくような取り組みも

お願いしました。

当センターでは順次、地域支えあい事業などの取り組みを行う地域を訪問し、

理解と協力をお願いしていく予定です。

 

)昭和橋学区地域支え合い事業(相談窓口

相談窓口は週2回、学区のコミュニティセンターで開設されています。

 

ご近所ボランティアコーディネーター

ご近所ボランティアコーディネーターの

平野さん(右)と富田さん(右から二人目)です。

中川区社会福祉協議会職員(左)は毎週相談窓口を訪れているそうです。

 

 

地域支えあい事業については、こちらをご覧ください

ふれあい名古屋平成25年1月号に昭和橋学区に取り組みが掲載されています

 

【1月13日】生活困窮者自立支援事業関係職員研修を行いました

みなさん、こんにちは。

名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

 

1月13日(水)、

名古屋市社会福祉協議会、各区の社会福祉協議会、

仕事・暮らし自立サポートセンターから関係職員が集まり、

生活福祉資金貸付事業と生活困窮者自立支援事業の

連携についての研修を行いました。

 

研修では当センターの相談支援員より事例報告を行い、

その後のグループワークにて支援の連携についての討議、

得た情報の共有を行い、大変意義のあるものとなりました。

IMG_3946

IMG_3943

 

【年末年始休業のお知らせ】

下記の通り、年末年始休業とさせていただきます。

12月29日(火)から1月3日(日)

【名古屋市の対策】住まいのない方の年末の臨時相談窓口について

 

みなさん、こんにちは。

名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

 

名古屋市が年末年始にお金がなく、宿泊場所と食事に困っている方のために、

年末の臨時窓口を開きます。

原則として事前予約(事前相談)を行ってください。

 

以下、名古屋市HPより

———————————————————–

住まいのない方の年末の臨時相談窓口について

 

市内で年末年始にお金がなく、

宿泊場所と食事に困っている方のために、

年末の臨時相談窓口を開きます。

また、市内の区役所・支所において、事前相談を行います。

原則として事前相談において、

年末の臨時相談窓口の事前予約を行ってください。

※市外でお困りの方は、最寄りの市町村の福祉事務所に

相談していただくようお願いします。

 

◆事前相談について

市内のどこの区でも、事前相談ができますので、

最寄りの区役所・支所までお越しください。

また、年末年始期間にかかわらず、今後の生活にお困りの方は、

今後の生活の相談もできます。

日時:平成27年12月18日(金曜日)、21日(月曜日)、

22日(火曜日)、25日(金曜日)、28日(月曜日)

午前9時00分から午後3時00分まで

(正午から午後1時00分を除く)

場所:区役所民生子ども課、支所区民福祉課

 

◆年末の臨時相談窓口について

日時:平成27年12月29日(火曜日)

午前8時30分から午後2時00分まで

場所:中村区役所内 臨時相談所

※事前予約した方から優先に相談を受け付けます。

事前相談時にお渡しする事前予約券を必ずお持ちください。

 

———————————————————–

名古屋市HPからの転載は以上です。

名古屋市HP

所持金が少なく住居がない方に周知して頂ければ幸いです。

無題

 

【行政と連携した生活困窮者への食品支援活動シンポジウム】のご案内

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

11月26日(日)ウィンクあいちにて、支援者からの食品の収集及びホームレス、貧困者、高齢者、幼児、災害の被害者、及びその困窮する実態に陥るおそれのある人々に対しての食品の配布事業を行われている「認定特定非営利活動法人セカンドハーベスト名古屋」主催のシンポジウムが開催されます。

シンポジウムのパネルディスカッションにて、当センターのセンター長である大熊がパネリストとして参加させていただきます。

以下、シンポジウム主催の認定特定非営利活動法人セカンドハーベスト名古屋さまのチラシ本文より抜粋させていただきました。

————————————————

本年4月より「生活困窮者自立支援法」が施行され、各自治体は相談窓口を設置し、訪れる生活困窮者に各種支援活動を行っています。

セカンドハ一ベスト名古屋では行政と連携して相談窓口を訪れる生活困窮者に食品パッケージを贈る活動を進めています。

法が施行され半年治が経過した現時点で相談窓口の運営者と食品提供者を交えてこの活動の意義と問題点、今後の進め方について議論するシシポジウムを開催します。

————————————————-

食品支援活動15.10.5

【日時】

2015年11月16日(月)14:00~16:00

【会場】

ウインクあいち

名古屋市中村区名駅4丁目4-38 1203号室

【定員】

100名

【参加費】

無料

【主催】

認定特定非営利活動法人セカンドハーベスト名古屋

【参加の申し込み方法】

必参加を希望される方は以下の情報をメールにてお知らせください。

1.氏名

2.団体名(社会福祉協議会や行政関係の方の場合)

3.参加理由 E-mail info@2h-nagoya.org(認定特定非営利活動法人セカンドハーベスト名古屋)

【10月16日】観葉植物の植え替えを行いました

みなさん、こんにちは。 名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

当センターではご本人の希望を聞き取りしながら、家事、針仕事、工作などの趣味講座も催しております。

 

10月16日(金)

観葉植物の植え替えを行いました。

当センターが開所した際に購入し、来所される方をお出迎えしてきた観葉植物でしたが流石に鉢が

窮屈そうになってきていました。

当センターを利用して就労を目指している方がご自宅でも観葉植物の植え替えをしたことがあり「得意だ」と

言っていただけましたのでお手伝いをお願いし、支援員と一緒に植え替えを行いました。

IMG_0387 IMG_0389

観葉植物の根は細かく、植え替えの後はなかなか隙間に土が入り込まないので、根の隙間に入り込めなかった土が

隙間に入り込んでいくようにまんべんなく水遣りを行うといいそうです。

鉢をベランダに運んでたっぷりと水遣りを行いましたが、鉢をベランダに運ぶ作業でも意外と身体を使っている

証拠か、汗をかきます。

水が切れるまで今後やりたい仕事のこと、お給料はいくらくらい欲しいか、最初のお給料で何を買いたいかなど

雑談をし、就労に対しての価値観が少し明確になりました。

つまり、観葉植物の植え替えを通して就労への価値観について語り合うことができたということです。

IMG_2001

今後もこのような経験を通して、ご自分に自信を持つことが出来たり、社会生活の中で「心の拠りどころ」を

作ることができるようなお手伝いもして行きたいと思います。

【10月9日】企業見学に同行しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

当センターを利用して就労を目指している方にご一緒して、介護施設に見学に伺い、
施設内の大浴場の見学や入浴の際の介助の仕方など、介護のお仕事についての具体的な説明をしていただきました。

興味深くお話を伺ったのは、80名ほどいらっしゃる利用者様のお顔とお名前を早く覚えて、
みんな同じの通り一遍ではなく、その方、その方に合った対応を心がけていらっしゃるということ。
頭ではそうした方がいいだろうとわかっていても、実際のお仕事の様子を拝見しますと
介護の現場で働く方々の大変さを、ほんの少しかもしれませんが分かったように思います。
利用者の方が何を楽しみにデイサービスにいらっしゃるのかという「なるほど~」というお話も伺いました。

当センターを利用されている方も疑問点を解消しようと積極的に質問をされていましたが、
この見学についての振り返りを行い、ご自身の就労に役立てて頂きたいと思います。

当センターではこのように就労を目指す利用者様の職場見学や職場体験を受け入れてくださる企業様の募集もしております。
ご協力いただける企業様がいらっしゃいましたらご一報頂けますと幸いです。