名駅センター | 名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター
名駅センター TEL:052-446-7333 FAX:052-446-7555 Mail
金山センター TEL:052-684-8131 FAX:052-684-8132 Mail

メールでのお問合せ・ご相談については返答が後日となる場合もございますので、ご了承くださいませ。

【12月20日】名駅くらさぽサロンを開催しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

ご報告が遅くなりましたが、
12月20日(水)に「名駅くらさぽサロン」を開催しました。

今回は当センターの利用者さん、当センターの事業を利用して就職をされセンターを卒業された方、
当センターのボランティアの方など合わせて18名の方にご参加いただきました。

12月13日に行いました,現地見学会に参加くださった方がお越しになられたので、
サロンの準備のお手伝いをお願いしました。
立っているものは親まで使うということで、図々しい支援員がこき使ってしまいましたが、
当センターの事業に関心をお持ちいただき感謝いたします。

今回のサロンは12月の開催ということもあり、当センターの手芸クラブで利用者さんと一緒に作成した
クリスマスの布小物や折り紙などを、参加者のみなさんに会場に飾りつけて頂き、年内最後のサロンがスタートしました。

今回もセカンドハーベスト名古屋さんにご提供いただいた、
アルファ米などの食材を活用させていただきました。
また、飲み物もご提供いただいております。

アルファ米の調理方法の説明やサロンの受付にも、センターの利用者さんや卒業生がお手伝いしてくださいました。
いつも、ありがとうございます。
進んでお手伝いをして下ったり、ゲームをしたり、おしゃべりをしたり、
ご参加頂きましたみなさんが、それぞれの過ごし方を楽しんでおられました。

さて、次回の「名駅くらさぽサロン」は3月28日(水)を予定しております。
予約不要。出入り自由。どなたでもご参加いただけます。
くらさぽボランティアも募集中です。

【12月13日】現地見学会を開催いたしました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

名駅センターでは、12月13日に関係者機関のみなさまに向けての現地見学会を開催し、
90名の方にご参加いただきました。多くの方に関心をお持ち頂き、ありがとうございました。

当センター長からの事業紹介説明の後、
「自立相談支援・住居確保給付金」「就労支援(就労準備支援・就労訓練事業)」
「家計相談支援(滞納・債務者支援等)」の3つのテーマに、分かれて頂き、
事例を用いて、それぞれの事業の詳しい説明と質疑応答を行ないました。

その後のセンターの内覧にも、多くの方がお立ち寄りくださり、
「プライバシーに配慮された相談ブースですね。」などの感想をいただきました。

見学会のアンケートでは、

・くらさぽと聞いてもなかなか支援のイメージがつかなかったが事例により活動が見えてきた。高齢の方と関わる事例もまた聞きたい。
・幅広い相談事業を実施されていることがよく分かりました。自分自身で課題(問題)を発見して解決するという考えに共感しました。
・今までサポートセンターの存在を把握はしていましたが、今一どんなことを行っているのか分かりにくいところもあったけれども、
 活動の内容を知ることが出来てよかったです。
・相談の対象になりそうな方にはサポートセンターのパンフレットを渡していますが、なかなか相談に行こうとされない方が多いため、
 『訪問相談』という案も提案していきたいと思う。
・寄り添ってもらいながら就労できるので、本人にとってもとても安心できると思います。
 困っている方にこのような相談場所があることを教えてあげたいと思います。
・電話でのやり取りは何度かしてきましたが実際に行ったこともなく、具体的な場所や内容については把握していなかったため、
 今回の見学会は今後に役立てられると思います。

など、多くの感想を寄せていただきました。

当初の予定を上回る方々にお集まりいただき、関係機関の皆様との貴重な意見交換の機会となりました。
頂きましたアンケートの内容、直接お伺いしましたご意見は、今後の事業に大いに生かしていく所存です。
今後も、このような情報交換の機会を積極的に作っていきたいと考えています。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

【新年あけましておめでとうございます】

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

当センターは4日より営業を開始しております。
本年もみなさまの、生活の悩み、不安、困りごとを
ご一緒に解決するための架け橋となるべく、
相談対応、様々な行事の実施などにも取り組んでまいります。
まずはお気軽にご相談ください。

年末年始の休業のお知らせ

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅・金山です。

誠に勝手ながら、名駅センター、金山センター共に、
12月29日(金)~1月3日(水)の期間を休業とさせていただきます。

休業期間中のメールでの問い合わせには、
1月4日(木)以降にお返事を差し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

【11月10日】笑いがいっぱいの健康づくりと簡単ストレッチ

みなさん、こんにちは。
名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

大変遅くなりましたが、第3回目となりました名駅くらさぽ公開セミナーの報告です。
11月10日、協和ケミカル株式会社の認定理学療法士の篠田真志氏による
「理学療法士が教える~健康づくりと簡単ストレッチ」を開催いたしました。

今回は10名の方にご参加頂きました。名古屋市内在住の方はどなたでもご参加いただけるセミナーですので、
最初に当センターの事業についてお話をさせていただきました。

そして篠田先生にバトンタッチして、いよいよセミナーのスタートです。
血圧測定、骨密度測定、体組成測定による健康チェックから始まり、その結果の解説をしていただきました。

その後は腰痛セルフストレッチ、肩こりセルフストレッチ、足のセルフリンパマッサージなどの簡単なストレッチ法を、
篠田先生から伝授頂きました。
先生のお手本を見ながら、みんなで一緒にストレッチ。
みなさん、楽しそうにチャレンジされていましたよ。

足のむくみがある支援員も、足のセルフリンパマッサージをやってみましたが、効果覿面!
ど~んと重く感じていた足が軽~くなり、ビックリです。

篠田先生のお話は笑いも沢山あり、心も身体も軽くなったりセミナーとなりました。
参加された方からも「楽しかった。」「毎日やってもいらいたいくらい。」等のお声が上がりました。

次回の名駅くらさぽ公開セミナーは「臨床心理士によるボイトレ講座」です。参加者募集中です。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
フェイスブックイベントページ
※事前の参加予約が必要となります。

【10月25日名駅くらさぽサロンを開催しました】

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

10月25日(水)に「名駅くらさぽサロン」を開催しました。
今回は当センターの利用者さん、お世話になっているセカンドハーベスト名古屋のみなさん、
当センターのボランティアの方、合わせて17名の方にご参加いただきました。

今回も、セカンドハーベスト名古屋さんにご提供いただいた、アルファ米などの食材を活用させていただきました。

今回のサロンは男性スタッフが仕切って準備を進めてきまして、名駅くらさぽサロンのテーマのもと、
アルファ米にひと工夫して、参加者の皆さん自身が「参加意識を持てるような・・・」食事を提案しましましたところ、
みなさんに好評をいただきました。

利用者さんはもちろんですが、くらさぽボランティアのみなさん、セカンドハーベストさんも積極的にお手伝いをしてくださいました。
「参加意識を持てるような・・・」という当センターの男性スタッフの思惑通りに、大変盛り上がりましたね。

サロン開催時には、みなさんと、工作もよく行っておりますが、
この度、くらさぽボランティアさんからお手玉作りの素材をご提供いただきました。
丁寧に切りそろえて、また、作り方の見本までご用意いただきまして、大変ありがたいことです。
今後のサロン開催時や、利用者さん向けの就労前トレーニングにあたる、手芸倶楽部などで活用させて頂きたいと存じます。

当センターのサロンの運営にはフードバンクを行っているセカンドハーベスト名古屋さん、
おてらおやつクラブさんにご支援を頂いております。

さて、次回の名駅くらさぽサロンは今年最後の開催で、12月20日(水)を予定しております。
予約不要。出入り自由。どなたでもご参加いただけます。

【10月11日】お金の使い方講座を開催しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

10月11日、ウェルビー名駅センターさんのご協力で、「お金の使い方講座」を開催しました。
当日は当センターの利用者さんの他に、同朋大学の学生さん20名も参加され、たいへん盛り上がりました。

「仕事しながら一人住まいする、という想定でお金の使い方を考える」というテーマで、
参加者の皆さんに、自分ならこう考えるという内容を披露して頂きました。

お菓子をつまみながらのリラックスムードでしたが、
皆さん真剣に取り組まれ、参考になるご意見がいっぱい出ました。

「僕はとにかく安い部屋を借りてお金を貯め、海外旅行したい」
「私は日当りが良くて駅に便利な所なら、少々高くても借りたい」などなど・・・。

人によって本当に考えが違うことがわかりました。
「お金をどう使うか?」とは、「どう生きるか?」と同じことなのですね。

私たちも勉強になりました!

【10月11日】草抜き作業のボランティア活動を行いました

みなさん、こんにちは。
名古屋市 仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

10月11日、社会福祉法人清新会 清新館様の農業スペースの
草抜き作業のボランティアを当センター利用者さんと支援員で実施しました。

同所は障害者の生活介護事業所です。
護摩木や内職作業等を請け負いながら生産作業を実施されています。

同所の敷地東側にちょっとした菜園スペースがありいくらか野菜や花などを栽培し、
屋外の作業経験の場として活用しておられます。
当センターより利用者のみなさんの就労に向けたきっかけ作りとして菜園整備のお手伝いを申し出ており、
今回、その実現の運びとなりました。

草抜き前

草抜き後

草抜き前

草抜き後

草抜き前

草抜き後

当日は10月にも関わらず、30℃を超える真夏日で汗ばむ陽気となりましたが、
約2時間、主に菜園周りの草抜き作業を実施しました。

利用者の方も「久しぶりに体を動かして気持ちがよい」と話されていました。
少しでも気持ちよく農作業の体験ができるように、
少しでも貢献できたならばうれしいことです。

【9月27日】牛乳パックトレーを作製しました

みなさん、こんにちは。
名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

8月の名駅くらさぽサロンで好評だった、牛乳パックを使ったトレー作りでしたが、
9月27日にも女性の利用者さんたちお二人と一緒に、作製を行いました。

定規を使い、トレーの下地になる牛乳パックに図面を引くところから参加していただきました。
お二人とも真剣です。

牛乳パックの裏側にはポリエチレンという素材がコーティングされています。
ポリエチレンは110℃以上の温度で溶けるので、牛乳パックの上に布を置いてアイロンをかけて接着させます。
普段はあまりアイロンがけをしないと言われたお二人ですが、火傷に気をつけて、
トレーの角が綺麗に仕上がるように丁寧にアイロンをかけました。

トレーの内側にはアイロンではなく、ボンドを使い、布を貼り合わせていきます。
牛乳パックの切れ端を使い、布にまんべんなく、たっぷりと塗っていきますが、この作業はお二人とも上手でした。

手芸そのものをあまりしないと言われたお二人です。慣れない手つきではありましたが、
それぞれの感覚、ペースで進めていきました。
仕上げに四隅に穴を開けてリボンを通し、結んで形を整えて完成です。

今回は正方形の牛乳パックトレーを作成しましたが、
お一人は次の週の10月4日にも、長方形の牛乳パックトレーも作成されました。
すると、一回目はおっかなびっくりでやっていたアイロンがけがスムーズでしたし、
仕上げにもう一度かけておくと、綺麗に仕上げるという視点も身に付きました。
参加された方からは「形になっていくのが楽しい。」と感想も頂きました。

「ちょっと、やってみようかな。」とチャレンジされたことで、出来上がった牛乳パックトレーと一緒に写真撮影した様子は、
作業を始める前の表情とは全く別もの。支援員の目には晴れやかな表情に写りましたよ。

これまでも、折り紙を使ったモビール作り、観葉植物の植え替え、木工、パステル画などのもの作りも
利用者さんたちへのアセスメントツールの一つと捉え、実施して来ました。

時には利用者さんたちの社会の中で心の拠りどころを作るため、
時には社会生活に必要なスキルアップトレーニングとして、
今後も「名駅くらさぽ手芸クラブ」を開催してまいります。

【9月22日】農業体験をさせていただきました!

みなさん、こんにちは。
名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター名駅です。

9月22日、就労継続B型事業所の「ぽかぽかワークス」にて農業体験をさせていただきました。

つなぎと長ぐつ、手袋までお借りして、恰好から様になったところで、まずは収穫体験。
なす、ししとう、インゲンをハサミで摘んでいきますが、大きそうなものを探すのが、まるで宝探しの様です。

休憩をはさんで、次は畝を鍬で耕します。
手際が良いねと褒められちゃいました。

最後に、畝に冬に収穫する芽キャベツの芽を植えていきました。
この小さな芽がスクスク成長して美味しい芽キャベツになるのが楽しみです。

汗をかいたけど、冷たいお茶がとっても美味しい!
半日でしたが、楽しい農業体験でした。
ぽかぽかワークスさん、お世話になりました。